ご注文フォーム

ご入力お願いします。
あとは私たちが全てやっておきます。

御注文は当ページで承っております。
お見積書をご用意のうえ入力してください。
頂いた内容でオペレーションを開始します。

お客様情報

貴社名
貴社名(カナ)
発注者
メールアドレス
郵便番号
ご住所
貴社の都道府県・市区町村を入力してください。
貴社の字丁目・番地・号 建物名を入力してください。
電話番号
備考 任意

ご注文内容

見積No
発注枚数
単価
有料校正(試作)
備考 任意
別商品を追加で注文する

データ入稿

製作する内容
備考 任意

出荷について

納品先
郵便番号
ご住所
納品先の都道府県・市区町村を入力してください。
納品先の字丁目・番地・号 建物名を入力してください。
送り主
郵便番号
ご住所
送り主の都道府県・市区町村を入力してください。
送り主の字丁目・番地・号 建物名を入力してください。

請求について

請求先
初回お支払い 事前振り込みのみ
次回お支払い 締め
次回お支払い 日払い
備考 任意

利用規約

以下の利用規約の内容をご確認の上、「同意する」チェックボックスにチェックを入れてください。

本利用規約は、株式会社小島ラベル印刷(以下弊社)が、当ウェブサイトを通じて提供するデザイン・印刷サービス(以下弊社サービス)の利用者及びお客様(以下ユーザー)と、弊社との間の権利義務関係について定められています。弊社サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいた上で、本規約に同意していただく必要があります。

1、本規約について
本規約は、弊社サービスの利用に関する弊社と、ユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的とし、弊社とユーザーとの間の弊社サービスの利用にかかる一切の関係に適用されます。

2、 御注文について
御注文頂いた商品は、全てオーダーメイドの印刷商品となります。全ての御注文は発注フォーマットで受け付けています。一部例外のユーザーは、メールかFAXで受け付けております。御注文の際は、見積No・数量・納品先などの指示が必要になります。特別な指示がある際は、メールまたは書面にてご指示下さい。口頭でのご注文・ご指示は応じかねます。納品後のトラブルを避ける為ご了承下さい。

3、 デザイン制作の依頼について
デザイン依頼については、担当者にお問い合わせください。デザイン製作への指示は、画像やイラストを用いて、可能な限り具体的かつ解りやすくご指示下さい。作成途中の大幅な変更、または3回以上の修正は、追加料金が発生致しますのでご注意下さい。

4、 データ入稿について
御注文時にユーザーからデータ入稿がある場合は、必ず完全データをご入稿頂きます。完全データとは、Adobe社製アプリケーションの illustrator または Photoshop で作成済された、かつ御注文と該当する見積りと同じ寸法・色数・仕様のデータを指します。原則的に頂いたデータは修正することなく製版作業を行います。入稿データの不備が原因による不良に関しまして、弊社は一切の責任を負いません。製版作業が終了している場合のデータ再入稿は、再度製版作業に入る為、版代が発生致します。

5、 版代について
版代は、初版時に発生します。再版時(追加注文)の際は発生しません。ただし、デザインの変更(1文字でも違う場合も含む)がある場合、再度版を作り直すため、版代は発生致します。

6、 型代について
型代は、初版時に発生します。再版時(追加注文)の際は発生しません。ただし、寸法が同じでも、形状に変更がある場合、再度型を作り直すため、型代は発生致します。

7、 再版について
版・型は、基本的に最終発注日から3年まで保管し、再版(追加発注)の際に利用します。また、版の破棄後もデータは保管してありますが、必ず保管できる保証はありません。万が一に備え、データのバックアップはユーザーも行う必要があります。3年以上経過している場合は、同じデザインであっても新版扱いとなり再度、版・型代が発生致します。

8、 お支払いについて
ユーザーは、御注文の成立後、弊社に対して遅滞なく本料金を支払うものを前提とします。また、初回取引きは、事前振込みとなり、商品の出荷はご入金確認後となります。2回目以降のお取引きにつきましては、お客様の支払いサイトに合わせてお振込み頂けます。 なお、繰り返し催促をしてもお支払い頂けない場合は、遅延損害金、延滞利息、請求手数料を加算させて頂きます。

9、 売上日について
売上日は、弊社の出荷日になります。(納品日が売上日ではありません)またシステムの関係上、弊社の月末締め終了後のお客さまの締日の変更はできません。

10、 本機校正について
本機校正とは、本番と同じ仕上がり、つまり本番と同じ印刷・加工・インク・材質で行う校正を指します。特殊な加工につきましては実際の仕上がりと、イメージが違う場合がございます。印刷物には印刷方法・インク・材質の各種特性により仕上がりの色に変化が生じることがあります。(例、薄い・濃い・明るい・暗い等) 可能な限り最高品質な商品をお届けするよう努力いたしますが、商品の仕上がりが気になるユーザーは、必ず本機校正を行う必要があります。 また、データが同じであっても物理的に出力・印刷方法が異なりますと同色になりません。前述のような品質の問題が起こる可能性がある為、本機校正を行っていない商品に関しての色、仕上がりのクレームは一切の責任を負いかねます。※本機校正は別途料金が発生致します。

11、 色校正について
色校正とは、色のみの確認の校正を指します。印刷物には印刷方法・インク・材質の各種特性により仕上がりの色に変化が生じることがあります。(例、薄い・濃い・明るい・暗い等) 可能な限り最高品質な商品をお届けするよう努力いたしますが、商品の色の仕上がりが気になるユーザーは、必ず色校正を行う必要があります。 また、データが同じであっても物理的に出力・印刷方法が異なりますと同色になりません。前述のような色の問題が起こる可能性がある為、色校正を行っていない商品に関しての色のクレームは一切の責任を負いかねます。※色校正は別途料金が発生致します。

12、 色指定、色見本について
色指定は、PANTONEまたはDICにてご指示ください。また、色見本は他社で刷った印刷物、ご希望の色がございましたらお送り下さい。同色、又は同色に近い色味まで再現いたします。基本的にインクジェット、レーザープリンターで出力された印刷物の色見本はお断りしておりますが、それしか見本が無い場合は見積もりの際にご提出ください。また、製版作業後の色見本の提出には、納期の延長と版代の請求がある場合があります。

13、 納期について
納品日までにかかる日数は、お見積り書もしくは、お問い合わせ頂いた際に、「〇〇営業日」というかたちで、御注文後に発生する日数を記載いたします。弊社は土日がお休みですので、土日を含まずに計算して下さい。また、遠方のユーザーに関しましては、営業日に、関東から出荷した場合の運送日を加算して下さい。

14、特急料金ついて
お見積り書に記載されている「〇〇営業日」は、弊社が提示した製作に必要な日数となっております。営業日短縮の場合は、特急料金が追加で発生致します。特急料金はその都度お見積りさせて頂きます。御注文は余裕を持ってお早めにお願い致します。

15、送料について
指定1ヶ所への送料無料(北海道・沖縄・離島を除く)。2ヶ所以降別途送料が発生します。また、運送会社は西濃運輸になります。その他運送会社の指定は別途料金が発生します。

16、 不良品の刷り直しについて
印刷加工には細心の注意を払っておりますが、商品到着後に弊社起因による不良が発覚した場合はご連絡ください。確認後、無償にて迅速に刷り直させて頂きます。着払いにて不良品をご返送ください。過失の判断に迷う場合は下記をご確認下さい。

17、 お断りしている刷直しについて
以下の場合はクレームとして受ける事が出来ません
・入稿データの不備による場合
・本機校正を行ってない場合
・弊社が指示を受けていない場合
・原紙メーカーの許容範囲内の夾雑物を指摘された場合

以下の色は商品と差異が合ってもクレームとして受ける事が出来ません(事前にご提出ください)
・ユーザーのPCモニターの色
・インクジェットプリンターで出力した色
・レーザープリンターで出力した色
・弊社と異なる印刷方法で出力した色
・未提出だった色見本との色

18、 再発防止について
弊社の過失でお客様にご迷惑をおかけした場合は、原因と対策を調査し、当事者スタッフに責任を負わせるのではなく、仕組みから修正し、再発防止に努めます。また、それら原因と対策を全スタッフで共有し、データベースに保管しています。お客様のご希望により調査結果書類の開示もしております。

19、お断りしている依頼について
・名誉、信用を毀損する内容、法律に反するおそれがある場合
・公序良俗に反し、他人に不快感を与えるおそれがある場合
・商品が著作権や商標権を侵害しているおそれがある場合※

※ユーザーは、弊社が商品の製作及び入稿データの使用について第三者の著作権、肖像権、商標権、その他一切の権利を侵略せず、法律に則っていることを保証する義務を負ったうえでの御注文となっています。ユーザーの原因(入稿データ、ユーザーとエンドユーザーとのやりとり)による権利の侵略等のクレーム及び違法行為の指摘を、弊社がお客様以外の人物から受けた場合、弊社は一切の責任を負いかねます。

20、 損害賠償について
弊社に故意又は重大な過失がある場合を除き、これを賠償する責任を一切負わないものとします。万が一、当社がかかる損害を賠償する責任を負う場合においても、その責任は、当該損害の原因となった個別契約についてユーザーが当社に支払った対価の額を上限とし、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、これを賠償する責任を一切負わないものとします。

21、 利用規約の改定について
弊社は、必要に応じて本規約を変更できるものとします。改定は、弊社ホームページに掲示された時点で効力を持ちます。全てのユーザーは改定後の利用規約に則ってご注文頂きます。

22、 本規約に定めのない事項について
本規約に定めの無い問題が発生した場合、当社及びユーザーは、誠実に協議のうえ、迅速に解決を図るものとします。

制定:2015 年 11月 3日
改定:2019 年 1月29日
改定:2020 年 2月 3日